H様の庭は雑木林を意識した、自然の庭です。

ご家族でお出かけになった時に植木や宿根草などを購入し、植物を増やしてきました。

しかし、住宅地の土というのは硬くて肥料分が無いのが普通です。

では完成形から。↓

↑雑木(ぞうき)の庭とは、様々な広葉樹が自然に植えられた庭の事。

樹木の下にも宿根草が入ると更に完成度が高まります!

 

↑植物を眺めながら庭を散策出来ます。庭において通路はとても大事です。

毎年、庭のメンテナンスに伺って土を改良してきた結果、植物がとても元気です!

 

↑お客様が植えたバラです。雑木の庭の真ん中に1本だけあるので逆に引き立ちます。

 

↑ ビフォー:これは2年前の画像です。肥料分が無くて植物が育ちにくく、

土が丸見えの状態でした・・。

 

↑植物が眠りに入る冬の前。土壌改良の開始です!

根っこの周りの硬い土や石ころを掘り上げます。

 

↑バーク堆肥や牛ふんを程よくブレンド。さあ投入だ!

 

↑地味な作業ですが、植物にとっては大事な大事な作業です。

春からは頼むぞ!と願いつつ。

 

Yaginuma